食欲を抑制する為の方法

食欲を抑制する為の方法

食欲を抑制する方法は、どんなものがあるでしょうか。

 

例えば炭酸水を飲んで空腹を紛らわすというやり方があります。

 

空腹気味の時でも、炭酸がたくさん入った水を摂取することで、単に水を飲むだけでなく、炭酸水でお腹を膨らませられます。

 

代謝を活発にする作用が炭酸水にはあるので、体重を減らしたい人にもおすすめです。お腹がすいた時は歯磨きをするといいといいます。

 

こちらも手軽な食欲抑制法です。

 

歯磨きをして、口の中に歯磨き粉の味がしている状態では、何かを食べたいという気持ちにもなりにくく、食べても美味しくないといいます。

 

食欲を抑制するために、歯を磨くのはいい方法です。

 

歯みがき道具はどこの家にもありますし、手軽にできる食欲の抑制方法ですので、試してみてください。

 

運動に抵抗感が薄い人は、ウォーキング、エクササイズ、スイミングなどか向いています。

 

軽く運動をすることで、食欲を抑制する効果があるといいます。

 

運動が食欲を抑制するのは、胃の働きが運動をすることによってに鈍くなるためだと言われています。

 

ただし、体を動かしている間だけ食欲の抑制ができますが、その後はやっぱり空腹を覚えてしまうと言われています。

 

ちょっとした工夫で、食欲というものは抑制ができてしまいます。

 

一時的な対処法かもしれませんが、何をすれば食欲を抑制できるか選択肢を複数持っておくことで、食欲をコントロールしやすくなります。

標準体型診断とは?

体型診断を客観的に見た時に自分の体型はどうなのかを知りたくて、受けたいという人は多いようです。

 

体型診断が無料でできるサイトが、インターネットにはあるようです。

 

ダイエットのアドバイスが受けられたり、体重、身長を入力するだけで自分の体型がどんなものか分かります。

 

体型診断によく使われる基準は、BMIです。

 

体重÷身長÷身長で算出できる数字がBMIとで、18.5〜25ぐらいのBMIが体型としては標準的です。

 

この数字は身長と体重だけで計算して算出したものなので、筋肉質の人、水分をたくさん摂取する人などはあてはまらないことがあるようです。

 

BMI18.5〜25は見た目が標準的に見える体型というわけではありません。いちばん健康的で、病気にかかりにくいと、医学的に見たときに定義される体型です。

 

ややぽっちゃり型に最近の日本人の基準で診断した場合に見えてしまうのが、標準体型です。

 

特に体型を気にかける傾向が強い若い人は、ふっくら体型よりもスリム体型を好むといいます。

 

体型診断をBMIなどから行うことで自分の分類を理解することはできますが、人それぞれの価値判断によってその診断で納得できるかどうかは違ってきます。

 

きれいな体型を、健康的な体型よりも良いと思っている人ならば、標準的だと体型診断で言われてももっと細くなりたいと考えるのではないでしょうか。