リバウンドで体重が増える

リバウンドで体重が増える

せっかくダイエットをしたのに体重が再び増えるリバウンドをしたことがある人は多いようです。どうすれば、リバウンドしないダイエットで、減らした体重をキープできるでしょう。

 

ダイエットのために食事制限をすると、初めのうちはどんどん体重が減っていく実感が得られますが、それ以後は急に体重の減少か鈍化してしまいます。人の体にはホメオスタシスという機能が備わっていて、これが働くと1カ月ほどの停滞期に入ります。人間の体は、摂取するカロリーが少なければ、消費するカロリーも減らしてつじつまを合わせようとします。

 

ダイエットをしている時にこのホメオスタシスが機能すると、食事量を減らしたことでエネルギーの消費量も減るので、体重の減少が鈍化します。停滞期の状態で食事を元どおりに戻しても、体は停滞期のままで、エネルギーを使わないようになっています。ホメオスタシスが働いていると使うエネルギー量が減ったままなので、ダイエット前の食事量をとっていると余剰分がたくさん出てしまいます。

 

食事を減らしていると、お腹がいっぱいに感じづらくなります。人間の体内には、脳に満腹信号を送るレプチンという物質があります。ダイエット等のために食事の量を減らしていると、体の中にあるレプチン自体が少なくなってしまいます。

 

体内のレプチン量は、普段通りの食事にもどせば元どおりになりますが、1カ月くらいのタイムラグがあるのです。レプチンが以前の量になるまでは、レプチンの働きが十分でないために、どんなに食べてもなかなか満腹感が得られなくなります。リバウンドで体重が増える背景には、こういった理由があるためです。